2015年9月13日星期日

TV/Movie Costumes「デスノート」最終回の平均視聴率は14.1%

TV/Movie Costumes「デスノート」最終回の平均視聴率は14.1%

バーバリー靴コピー

人気コミックを連続ドラマ化した「デスノート」(日本テレビ系、日曜後10·30)の最終回(第11話)が13日に放送され、平均視聴率は14.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。初回の16.9%にこそ及ばなかったものの、中盤から数字を上げ、15%に迫る好視聴率でフィニッシュ。人気漫画のルイヴィトン靴コピー実写化とあり、賛否を呼んだが、同局「花咲舞が黙ってない」を除き、今クールの各局連続ドラマが軒並み1桁台と“夏枯れ”する低調の中、結果を残した。番組の最後には新作映画「デスノート2016」の製作が発表された。

クリスチャンルブタン靴コピー

第1話16.9%は今年の民放連続ドラマの初回としては最高となる好スタート。第2話12.3%、第3話8.7%、第4話10.6%。第5話8.2%と自己ワーストを記録したが、第6話10.2%、第7話11.6%とV字回復。第8話11.4%、第9話11.7%、第10話11.4%と推移した。 原作は2003年12月から2年半「週刊少年ジャンプ」に連載された原作·大場つぐみ氏、作画·小畑健氏による「DEATH NOTE」。人気を博し、小説・テレビアニメ・ゲーム・舞台と幅広くメディア展開された。藤原竜也(33)、松山ケンイチ(30)による実写グッチ靴激安コピー映画は2006年6月に前編、同年11月に後編が連続公開され、合計の興行収入が80億円を超えるヒットとなった。 顔を知る人間の名前を書けば、その相手を死に至らしめる「デスノート」をめぐり、ノートの所有者の大学生・夜神月(やがみ・ライト)と世界一の名探偵·Lの対決を軸に描くサスペンス。映画版で藤原が演じた月役は窪田正孝(26)、松山が演じたL役は山崎賢人(21)が抜擢された。映画版に登場しなかったLの後継者・ニア役は優希美青(16)が演じる。
ドラマ化にあたり、キャラクター像を変更。天才大学生の月は平凡な大学生に。Lは甘いお菓子を過剰に食べるなどの奇行を抑え、天才ぶりに焦点。新設定はインターネット上の一部で“物議”を醸した。 最終回は、総一郎(松重豊)が死亡した現場に居合わせた月(窪田)の証言を信じた警察は、日村(関めぐみ)とメロ(優希美青)を総一郎殺害の容疑者と断定する。警察を操ってメロを捜し出し、メロを抹殺しようとする月は、その先に犯罪のシャネル靴コピーない「キラの新世界」が待っていることを信じていた。その中、月の元にメロから着信があり、メロは「必ずおまえを殺してやる」と宣言して電話を切る。月は最後の戦いに挑むことを決意。メロの潜伏先が判明し、月と魅上(忍成修吾)は指定された倉庫へ向かう。現場は激しい銃撃戦になる…という展開だった。

大人気の一流ブランド靴を編集(転載原文リンク:http://www.lvreig.com/gucci-%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%81.html
Rss Feed:

标签: ,

0 条评论:

发表评论

订阅 帖子评论 [Atom]

<< 主页